煽りコピーや実績の力に頼らずライティングのみで信頼を0から構築し、売り上げを最大化するゼロベースライティング

煽りコピーや実績の力に頼らずライティングのみで信頼を0から構築し、売り上げを最大化するゼロベースライティング

煽りコピーや実績の力に頼らずライティングのみで信頼を0から構築し、売り上げを最大化するゼロベースライティング

4 件のレビューがあります
平均スコア 5.0


※2/22(水) 特典④を一つ追加しました!
詳しくは目次欄からご覧ください


僕は今、怒っています。



「実績0でも」と言いながら、実績をバンバン公開する実績者

そして、


実績のある人だけが、その実績を武器に雪だるま式に売上を伸ばしているという残酷な真実に。


こっち側からすれば、その人だからできたようにしか見えないし、

いくら「再現性が高い」ことをアピールしても、言った矢先にその再現性が破綻している。


おかしいと思いませんか?


こんな状態でまだコンテンツ販売をほとんどやったこともない皆さんがどうやって太刀打ちできるのでしょうか。



もっとこの事実に僕たち発信者は疑問を抱くべきです。


ネットビジネスは簡単。

コンテンツ販売は知識ゲー。


そういう発信者はたくさんいます。

でも、僕はそうは思いません。


なぜなら、彼らには知識とそれを補って余りある行動力があったからです。


以前からよく見かける「ゼロイチ突破に必要なのは知識より行動」という言葉。確かにこれはその通りだと思います。


いくら知識が増えても、それを何かしら形にしてお客さんに提供しなければ、その知識に1円の価値もなりませんからね。


でも、


「自分には実績がないから自分の商品を作っても売れないんじゃないか…」

「煽りたくないけど、コンテンツをたくさん売るためにはコピーライティングで煽ることも必要だよな…」


そう感じて動けなくなっている方はたくさんいるはずです。


以前の僕も同じことをいつもいつも考えて動けなくなっていました。


何せ僕自身、過去に実績と呼べるほどの数字もほとんど持っていなかったので。


ノウハウコレクター、頭でっかち、インプットデブもいいところです。



僕が言うのもなんですが、

以前出したコンテンツ量産メソッド冒頭でお話ししたコンテンツを2週間で20個作ったことだって、実績と呼べるほどのものかと言われるとそうでもないですよね。


ただ、それでも手に取ってくれる方はいますし、コンテンツの内容を読んで「良かった」と言ってくれる方もいますし、Brainを★5評価をしてくださる方もいます。



ここにBrainのリンク張っておくので、

本Brainと合わせてぜひご覧ください。


https://brmk.io/B5vV


(実はこちらの教材特典としてつけております。詳細は下へ)




それなのに見ていると、


「実績0でも」とか言った矢先にバンバン実績公開していたり

微塵も思っていないのに「悪魔的~」「禁断の~」「最強の~」とか大げさなキャッチコピーを入れてたり

「これを学ばないとあなたは一生損します」なんてもはや突っ込みたくなるレベルに胡散臭さMAXの煽り方をしていたり

ふたを開けると中身がスッカスカなのに、もっともらしい理由をつけて必要のないお客さんに売りつけてたり


こういうのを見てると「自分が稼ぎたいだけじゃん」と思ってしまいます。

下心が丸見えなんですよ。

ただ、それ自体が悪いと言っているわけではありません。



僕がこういう無理やり欲求喚起をするようなやり方が好きではないというのもありますが、


そうやって煽ったお客さんに間違った意思決定をさせてしまうことが何より一番問題なのです。



こんなことずっと続けても信頼を失い続けるだけです。


少なくとも僕はこういうのはやりたくないです。シンプルに心が荒んでしまいそうなので。。


ビジネスとはもっと楽しくあるべきだし、心を豊かにするものであってほしい。


僕の一つの願いです。


そんな僕と同じ気持ちを持つ同志である皆さんのために、


僕は今回、実績のないゼロの状態からどうやってお客さんの信頼を築き上げていくかというのを解説する必要があると思い、



本Brainをリリースすることにした、というのが今回の大まかな経緯になります。




推薦文をいただきました


①あおいさん





②りゅうさん



③なかなかさん




モニター様からもレビューをいただきました

Hさん


Sさん

Kさん



商品概要


ここからは今回の商品についての詳しい内容についてお話ししていきますが、今回の内容はセールスライティングです。


ただ、僕はセールスライティングを含め、ライティングというもの自体をずっと毛嫌いしてきた人間です。


僕の以前のアカウントから発信を追ってくれている方の中には、「ライティングはあまり重要じゃない」というツイートをしていたのを見ていた方が誰か1人はいると思います。


でも、こうしてコンテンツを作りながら、やっぱりライティングは重要だということを痛感させられる毎日です。


これは本編の方でも改めてお話ししますが、ライティングとは「どう伝えるか」であり、それは「何を伝えるか」というものの上に成り立っています。


だから、「何を伝えるか」が明確になっていないと使い物にならないんです。


でも、逆に言えば「何を伝えるか」が明確になっていても「どう伝えるか」が分かってないとお客さんに自らの価値を証明することはできません。


これについて少し具体的に解説しているので、良ければ↓

https://twitter.com/hide_contents/status/1620317099683119104



今回はみなさんがその発信者の価値が伝わらない問題に直面する前に知っておいていただきたい内容となってます。



具体的な内容としては以下の通りです。



【具体的な内容】
煽りコピーや金額的実績に頼る問題点と解決策
初動で興味を引き付けるストーリーテリングのフレームワーク
実績を使わず己の力を証明するライティング術
商品価値を正しく伝えるための3要素
お客さんの痒い所に手が届くジャブの打ち方  などなど…

こういったことについて25,000文字over+図解付きで解説していきます。


オススメする人・しない人


【オススメする人】


信頼を0から構築したい方
煽らず売上げを最大化したい方
実績より信頼でモノを売りたい方
人と競争せず穏やかにマネタイズしたい方
実績でマウントを取り合う行為に疲れてしまった方


このような方にはぜひオススメしたい内容となってます。


【オススメしない人】

それとは逆に、


煽るのが好きな方
煽り散らかすのが好きな方
煽って煽って煽りまくるのが大好きな方


こんな方にとっては時間とお金の無駄になるので、購入しないことをオススメします。



価格について


僕は煽る行為がとにかく嫌いです。

それは価格も例外ではありません。


特に極端な値下げ行為は大嫌いです。

なぜなら、値下げと一緒に商品の価値も極端に下がるから。


具体的にどういうことかというと、、


例えば一つ例として

本来価格が1万円の商品を5日間限定で500円で売っていたとします。

この場合、価格は実質95%オフです。


そうすると5日間のうちに500円で買えた人は本来の価格の5%払うだけで商品が手に入ったんだから、ラッキーだと思いますよね?

しかし、500円でも1万円でも商品の内容は変わりません。


だから、お客さんの認識としては、払った金額=商品の価値ということになってしまい、その結果「情報の安売り」になってしまうんです。


価格で極端な限定性をつけて売りつける行為が嫌いなのはこれが理由です。





僕は


安いから


ではなく、




価値があるから


手に取っていただきたいんです。





でも、必要とする人にはきちんと届いて欲しい…。



販売日ギリギリまで、そのはざまでずっと悩み続けました。


いろいろ考えた結果、


今回はこれからコンテンツ販売に力を入れていこうという方がしっかりと内容にコミットしていただけるよう


980円にて販売させていただくこととします。






特典のご案内


また、今回は特典もご用意してます。

特典は以下の4つになります。


特典①:Brain『コンテンツ量産メソッド』を無料でプレゼント


累計1500部のBrainを販売しているBrainアフィリエイターの方にもご好評いただいた僕の処女作『コンテンツ量産メソッド』を無料でプレゼントいたします。


セールスライティングを学ぶということは「売り方を学ぶ」ということですが、そもそも売るものがなかったらその知識もいかされません。


特にコンテンツ販売で食べていきたいなら、コンテンツを量産する方法は知っておいて損はないと思いますし、不労所得を作ってのんびり暮らしたいという方にはなおさら知っておいて欲しい内容です。


どんな内容が書かれているのか気になる方はこちらからレターをご覧ください。



特典②:【ゼロベースライティング実践編】”欲求喚起”ではなく”行動喚起”で成約率を上げる『行動喚起ライティングテンプレート』

欲求というのは「何かをしがり追いめること」であり、欲求喚起というのはそれを意図的に起こすということです。


つまり行動にフォーカスされています。


しかし、それはあくまでお客さんの「欲しい」という気持ちを強めるためのものでしかなく、あくまで心理的な誘導にすぎません。


確かにそれも大事。


しかし、お客さんの「欲しい」を強めることよりも、すでに買いたいというお客さんから「買う」以外の選択肢を潰すことの方がもっと重要です。


特典②ではこのようなお客さんの購買行動まで喚起する方法について、テンプレートにしたものをお渡しします。



ゼロベースライティング実践編として作ったものなので、アウトプット用にお使いいただけると幸いです。


どちらのコンテンツも実績アピールや煽り行為をせず、お客さんとの信頼構築をするためのヒントやエッセンスがふんだんに詰まってます。




特典③:1コンテンツ完成までマンツーマンサポート


セールスライティングを学んだら「いざ実践!」といきたいところですが、そもそも売る商品やコンテンツが魅力的でなければセールスライティングは真価を発揮しません。


でも、そもそも一人でコンテンツ作るのってなかなか難しかったりするんですよね。


書き出せなかったり…完成できなかったり…作成期間が間延びしたり…


メンターのようなマンツーマンでのサポート環境がないと作れない人も多いです。


そこで今回はアンケートでの要望もあり、最後の特典としてコンテンツが1つ完成するまでマンツーマンでサポートします…!



これは僕がコンサルタントとして付くようなものなので、あまりにも人数が多いと対応しきれなくなることから、


僕がパンクしそうだと判断した時点で人数は予告なく締め切ります



ただ、皆さんをサポートしたい気持ちは変わらないので、ご希望の方は事前にご連絡いただけると幸いです。



特典④:煽る煽らない関係なく成約率を飛躍的に向上させる3つの効果的な方法


煽るか、煽らないか、そんなところにこだわらなくても〇〇〇〇さえしっかりしていれば、成約率は上がります。なぜなら、これは商売の基本だから。昔から使われている成約率を上げる手法です。


実績、煽り、信頼。言わばそれらは全て後付けです。


小手先のテクニックに頼るのではなく、商品が売れるためにもっと根本的に改善すべきことは何か。その答えがここにあります。


”まっさらな状態”から始めませんか?



ちょうどこの前親と電話していた時にちょうど耳にしたこの「まっさら」という言葉。

まさにこのコンテンツを象徴するにふさわしい言葉だなとインスピレーションを感じました。


信頼はお客さんとの関係性の中でしか作ることのできない、何物にも代えることのできない唯一無二の資産であり、信頼を構築するということは資産を構築することと同じです。


そして、あなたはその信頼をゼロベースのまっさらな状態から作り上げることができるわけで、


それはまだビジネスを始めていない、もしくは初めて間もない人だからこそできる中~上級者にはない強みです。


もちろん、その強みを生かすかも殺すもあなた次第ではありますが、


僕はこれを手に取ってくれたすべての方が信頼を積み上げていただけるよう、ゆるくも全力でサポートしていきたいと思いますので、こんな僕を信頼してくれる方はぜひ下へお越しください。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

 6,077 total views,  11 views today

この記事のレビュー

4 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
ぱおりん

とても読みやすい内容でした

昨今、煽りライティングに溢れているのでそっ閉じするばかりでしたが、この教材は違いました。こういった王道の訴求方法を学べてよかったです。 すんなり頭に入ってきたので、あとは文字に落とし込むだけです。
ゆう

全人類に愛されている伝え方まで分かる

ライティングという言葉でまとめたくないほどの伝え方のバイブルに感じました。 稼ぐ系の弊害をきちんと説明してくれる正直な優しさから始まって、スキルが身につくかどうかの将来性まで。 その場しのぎの小手先テクニックやノウハウに翻弄されてきた、正直過ぎる優しい人にこそ読んでほしい! ストーリーの伝え方の説明と図解は印刷して何度も読み込み必須レベルです! 世に出してくださって、ありがとうございます。
バロン男爵

ライティングの基礎教科書

コピーライティングの基礎を学べる教材です。煽って商品を売るのではなくライティングで人を納得させる手法(スキル)を教えてくれます。一から学びたい人には1つ持っておいてもいいかも。
さんさん

こんな教材が広まってほしい。

特典がどうこうとかじゃなくて本当にいい教材だと思ったので、レビューを書かせていただくことにしました!以前のBrainの時に初めてひでさんを知り、今回はモニターからやらせていただきましたが、文章から厳しくも優しさを感じられる素晴らしい教材だなと思いました。ただただこんな教材がもっと世に広まってほしい。今はそんな思いでいっぱいです

この記事を購入する

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours